きらきらがない

パンケーキの画像に騙されるな

「メアリと魔女の花」感想殴り書き

「え、これだけ?」

観終わった感想。

まだ先があるから、ファンタジーだし何かしら面白いことやってくれるでしょ、と観続けた結果がこれ。拍子抜け。

 


まず登場人物全員の行動原理が不明。

序盤のシャーロット大叔母さまの家で、メアリがなんとかみんなのお手伝いをしようとするシーン。

メアリは思ったらすぐ行動に出るような素直な女の子だとわかる。

しかも霧の森は危険だって言われてるのに意地でずかずか入って行っちゃうような怖いものなし。

それが終盤のメタモンみたいな夜間飛行の液に取り込まれるピーターの前では「やめてー!」って泣き叫ぶだけ。

おいおい。それじゃただの無能な女の子だぞ。

違うだろ!私の知ってる序盤のメアリだったら、泣きながらでもマダムやドクターに詰め寄り服掴んで揺さぶったり、メタモンに飛び込もうとしてマダムに取り押さえられたりするでしょ!

 


他にも、

①なんでピーターを助けるために夜間飛行を持って再びエンドア大学に行く覚悟をしたのか。

自分のせいだという罪悪感や責任感?

マダム許すまじという正義感?

てかピーターのことを嫌いって感情、この時点で迷子じゃなかった?あのブチ切れはどこいったの?

②そもそもピーターってなに。

バックボーンが謎なのは置いとこう。いや謎でもいいんだけど、母がどうたらってメアリに「自分が大人だったらいいのに。変わりたいのはお前だけじゃない!」ってキレるんだったらバックボーン明かさなきゃだめでしょ。しかも実験でピーターが一瞬大人の体になるんだから、これ伏線じゃん。

ピーターが一体どんな人間なのかわからないまま話が終わっちゃうのはほんとにだめ。

メアリと反発してたからガキっぽい男の子かと思ってたら、エンドア大学で再開して泣き出すガキ全開メアリに優しいし(ここのピーターの表情がまったく読めない。兄みたいな気持ちなのか?)、自分を犠牲にしてメアリを逃すし、序盤のお前はどこいったんだピーター。

キャラの二面性は魅力の一つだけど、丁寧描いた上での魅力でしょう。

エンドア大学に二度も捕まってるんだから、その間の話をピーター視点で入れるだけで人となりがわかって、視聴者がピーター好きになると思う。

③シャーロット大叔母さまとの関係性が謎。

日常と非日常の対比をする中で、日常の大きな象徴がシャーロット大叔母さまかと思ってたら、ちゃうんかーい。

エンドロールで、何も知らないシャーロット大叔母さまとポニテメアリがハグする画も中々良くないですか?

シャーロット大叔母さまがエンドア大学から逃げ出した赤毛の魔女だってするなら、もうちょいシャーロット大叔母さまのキャラを提示してもらって、もうちょいメアリと交流するシーンがあったら良かった。

視聴者には、趣味が刺繍の上品なおばあさんでそこまでメアリとは仲良くなさそう、ってくらいの情報しかない。

④髪の毛についてももっとほしかった!

くせっ毛だけど、やけに気合入った作画でするする髪結んでたのはどういうこと!?笑

コンプレックスって視聴者が主人公に感情移入する理由のひとつなので、もっと押し出してよかった。

赤毛のアンはクラスで散々赤毛をからかわれたからブチ切れて黒板で殴るけど、メアリはピーターがちょっとからかったくらいの描写しかないのにブチ切れたから「?」って感じだった。

⑤マダムとドクターが研究実験に執着するのはなぜか。

自分が力を得たいのではなく、生徒だからなー。なんでだろう。

大学をもっと有名にするためっていっても、充分名門校みたいだし。

大学じゃなくて、優秀な魔法使いを教育できる先生として個人の名声がほしい……が一番それっぽい?

魔法世界がエンドア大学と旧シャーロット邸しか紹介されないのもあって、スケール感のないファンタジーに感じる。

 

 

 

 


スケール感。

いやほんとにそれ。

設定の奥行きがない。

それはそれは背景美術は素敵で、エンドア大学も可愛らしいデザインで、マダムの魔法や使い魔(?)も個性的なポップで楽しいけど、それ以外の設定を感じさせるものがあまりに少ない。

マダムの部屋のたくさんの魔法道具や旧シャーロット邸は良かった。

 


地図が必要かなーと思った。

場面に地続きの感覚がなくて入り込めない。

山の上の一軒家に住んでいたら、そこに辿る山道を映さなきゃいけないと思うし、別世界に行くならワープでもしない限り道中を映さなきゃいけないと思う。

ファンタジーにおける魅力って目的地に行くまでの冒険じゃないですか?

見知らぬ土地に行くワクワク。

シャーロット大叔母さまの家とピーターの家が近いのか遠いのかもわからないし、森に入る石橋かどこにあるかもわからないし、せっかく空飛ぶ箒があるのにエンドア大学に行くのはただ雲の中を抜けるだけじゃ時間の流れがわからないし、せっかくいろんな設定を垣間見せられるチャンスなのにもったいないと思った。

大学やめた

大学をやめた。

散々行かなきゃ行かなきゃと思い込んで心を擦り減らして病んでいた自分を労る期間にした。

少しのきっかけで行けるようになることもあると思う。

でも努力はしたし、これ以上私の心を擦り減らしてまで通う必要はないと思った。

 

一日中何かして疲れた時って何もしたく無くなる。

何もしてないのにその状態がずっと続いている。

些細なことにイライラしたり、すぐ泣いたり。

心が敏感。

思春期真っ盛りの中学生の時を思い出した。

 

 

なんかいろいろ書こうと思ったけど、すべて自分への言い訳のような気がしてくるのでやめる。

やめたことに後悔はないけど、大学中退は世間的には褒められたものじゃないことは一番よくわかってる。

大学生活で学んだことは、世の中にはたくさん良い人たちがいて私を支えてくれるし、自分に合わないと思ったことは無理してやる必要はないし、思ったより親の期待に沿って生きていくこともないということ。

あまり親を崇拝しすぎて自分の一部だと考えない方がいい。所詮、別の個体だ。

親離れするなんてやっぱり遅れてきた思春期かもなぁ。

 

当面の目標は「フットワーク軽く」だ。

なにか定職に就いてしまうと、きっとまたそれに囚われる。

テキトーに資格の勉強をしつつ、小金貯めて旅行したり自由に生きようと思う。

無気力な状態を治したい。

大学に行けない

ちょっとまじでやばいのでちゃんと日記をつけよう。

雑でもいいから自分の気持ちからは逃げずに書き出そう。

 

不登校になってしまった。

先日がんばって健康診断に行ったものの、ふとした言葉に傷つき家から出られず何もしないテキトーにスマホいじって終わる日々。

それでもカウンセラーさんと少し話したりして、ちょっと前進できたと思っていたし前進できている。

でもまた後退してしまった。

親の目も辛い。私が気にしなければいいのに、もしかしたら私にすごくがっかりしているのかもしれないと思うと怖い。

私は私の家族が好きで自分が恵まれた環境にいると思っていて、それでもこんな捻くれた風に育って生きている私のことが好きじゃない。

いや、もう原因を辿るのはやめたんだった。

なぜ私がこうなったかは辿る必要はない。

これからどうするか。

明日大学に行けるのかどうか。

行かなきゃいけない。

家を出なきゃいけない。

「今日は行く」「明日は行く」ってそう言ってるだけだから信用されないのはわかってるけど、気持ちはあるけど行動できなくてそれが一番自分を責めてて苦しいってことわかってほしい。

甘えてるんだけど甘えてるんじゃなくて、苦しさしか見えてない。

まず何を「すべきか」、行動を書き出して動こう。

コスプレしたいけど出来ない女子大生がコスプレをする

世間ではとっくに過ぎ去ってしまいましたが、10月31日はハロウィーン🎃でしたね。

 

私は女子大生の中でも枯れてる女子大生なのでコスプレはしません。

貧相な身体を見せつけには渋谷に行きませんでした。

あーいうのはですね、ある程度自分に自信のあるウェイ系↑↑ハロウィーンという祭りを理由にコスプレしているだけなのですよ。

今年のハロウィーンは町内会で仮装してお菓子集めをしてるちびっ子がインターホンを鳴らす度、「ごめんねぇ〜お菓子用意してないのよぉ〜」と言うだけで終わりました。

ハッピーハロウィ〜〜〜〜ン!!!!!↑↑

 

 

 

 とはいえ、

「でも私だって変身願望あるもの!」

「コスプレしたい!」

という枯れた皆さんいらっしゃいますよね?

 

 

はい、そんな貴女にミラクルニキ

※注意

先に言っておきますがミラクルなアニキではないです。そんなファンシーなアニキ嫌です。

 

 f:id:kkkt3710:20171109170012p:image

という訳で今回は私がハマっているスマホアプリの着せ替えゲーム「ミラクルニキ 」を使って画面上でコスプレします。

いやはやハロウィーンに画面上で自由にコスプレをするとは素晴らしき発想。

お金もかからず、ダイエット不要巨乳脚長完璧なスタイルの体でコスプレを楽しめます。

惜しむらくは、コスプレを完璧にしたゲームアプリを表示したまま渋谷を練り歩いてもクソ程も楽しくないばかりか、惨めな気持ちになる点ですね。

まあその点については些細な問題なので目をつむりましょう!

 

 

 

このゲーム、アイテム総数が現時点で4000をゆうに超えています。

とにかくすごい。

f:id:kkkt3710:20171109172116j:image

こういった普通のファッションから

f:id:kkkt3710:20171109172149j:image

 コスプレっぽいもの

さらには

f:id:kkkt3710:20171109172224j:image

ミラクルアニキも大満足のファンタジックなアイテムまで揃っています。

 

これらを自由に着せ替えて自分だけのコーディネートをしていくのですが……

それではハロウィーンにコスプレしたいけど出来ない私のコーディネートをご覧ください。

 

 

①冒頭5分で殺される成金ババア

f:id:kkkt3710:20171109173115p:image

 

②うちの義母が可愛すぎて一線を越えそうな件

f:id:kkkt3710:20171109173314p:image

 

③ミスコンで優勝した女子アナになりそうな人

f:id:kkkt3710:20171109173339p:image

 

 

こんなに可愛さとリアリティを同居させたコスプレなんて無いですよ。

③なんて特に自信作なのですがどうでしょう?

 

 いや〜今年のハロウィーンは色んなコスプレが出来て楽しかったなぁ〜

(来年は本当にコスプレしてパリピの仲間入りするんだ…)

 

 

人生観について

日記だから毎日続けるという法律はないぞ。

 

どうも、約四ヶ月ぶりのSです。

ニート生活を続けた結果、大学を続けるかどうかまで話は発展しました。

この話は私の中で一応区切りがついたので書きません。思い出したくないので。

 

今回はその悩みの中で考えた私の人生観についてです。

ちょっと哲学的なユーモアに欠けた話ですのでご注意。

 

 

私は後悔はしません。

あの時ああしとけば良かったと考えるのが無駄だからではなく、あの時の失敗だったかもしれない選択があったから今の私がいるからです。

失敗せずに成功ばかりの人生だったら今の自分はないはずです。

見守ってくれる親も、馬鹿笑いできる友人も、相談にのってくれるバイトの人も、失敗だと思う出来事があったから周りにいてくれる。

 

だから私の好きな言葉は「因果応報」です。

結果には原因がある。現在は過去があるから作られる。

人生は選択の連続で、その選択があったから今の私がいる。

 

刹那的なようで運命論のようでもあります。

 

ものすごくネガティブで悩みやすい私ですが、自分が思っているよりも恵まれていると気づいた時、自分を環境に見合っていないと恥じるのではなく自分が築き上げたのだと自信に変えられたらいいなと思います。

 

 

今回は本当の本当に徒然なるままに書きました。

私が自信に溢れた人になれますように。

 

 

パンケーキの画像に騙されるな

女子大生といえばパンケーキ。

パンケーキといえば女子大生。

 

女子大生とパンケーキは切っても切れない関係で結ばれています。

試しにInstagramで#パンケーキの検索をしてください。

女子たちが大量の画像をアップしているのを見ることができます。

そして、かく言う私ももちろんこのブログの画像にパンケーキを使っています。女子大生なのでね!!!

 

 

その画像がこちら(彩度を上げる加工済です。女子大生なのでね!!!)

f:id:kkkt3710:20170723152037j:image

 

友達4人で恵比寿のaccueil(アクイーユ)というパンケーキのお店に行った時のものです。

友達が定番の人気メニューを注文する中、私は春限定のイチゴのパンケーキを選びました。「限定」の二文字に弱いんです。女子大生なのでね!!!

 

見てください、これ。

めっちゃ美味しそうじゃないですか!?

ふわふわのあったかい厚いパンケーキに冷たいバニラアイスが溶けていくんです。生クリームが美味しいのは世界の理として、かかっているソースが実は練乳なんです。この2つで感じられるミルクの甘さ。

真っ赤に熟したイチゴが甘酸っぱいアクセントになっていくらでも食べれてしまいます。

一口食べた時、「ここが天国か」と思いました。

そして二口、三口……と食べ進めるとそれは「地獄」に変わっていきましたーーーーーーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kkkt3710:20170723153340j:image

[参考画像:鎌倉光明寺の地獄絵図]

 

f:id:kkkt3710:20170723153452j:image

[ボッティチェッリ作 ダンテ「神曲」の地獄]

 

f:id:kkkt3710:20170723153813j:image

[地獄めぐりで有名な別府温泉]

 

とにかく甘い……

そして重いくどい……

バニラアイスと生クリーム、練乳はまるで白い火の海。

あまりの甘さに重くなる頭が、犯した罪の重さなのでしょうか。

ああ温泉に入りたい。

甘いものが得意ではないからコーヒーを頼んだのに、コーヒーばかり減っていく。

お腹は空いている。空いているんだけど身体が糖分過多で拒否をしている。

さっきいくらでも食べられるとか嘘ついてごめんなさい。一口めは確かにそう思っていたんです。

 

(これは無理だ……がんばって食べたらお腹壊すやつだ……)

私は早々に食べきることを諦めました。

 

以下、店内での会話。

「美味しいけど、きつい」

「私、しゃべるのやめるね。胃に押し込む」

「銀だこ食いてぇ」

「正直舐めてた」

「トイレがめっちゃいい匂いした。桃の匂い」

「バナナは胃にたまるよ。無理しないで」

 

店内の他のお客さんにも甘いパンケーキを残している方はいたので、客観的に見ても食べきるのは難しいんじゃないかと思います。

ちなみに私がパンケーキ店でパンケーキを食べたのはこの一回しかないです。女子大生ですけど!!!

 

 

 

このままではaccueilさんを貶めるだけの記事になってしまうので、最終的にそれぞれがどれだけ食べたかを発表しましょう。ちゃんと美味しく食べきってる人だっているんです。

 

私…無理はしない主義、3分の1でギブアップ

友1…健闘虚しくぎりぎり完食できずダウン

友2…前回挑戦で完食ならず、今回は宣言どおり黙々と食べ続けバナナパンケーキにも関わらず悲願の完食

友3…最速で完食、私と友1が残したパンケーキまで嬉々として平らげる

 

 

 

 

バケモノかな……???

 

 

人にはブログを始める理由がある

はじめまして、Sです。

 

現在20才の私は小学校から高校にかけてブログや掲示板、mixiなどのSNSが爆発的に流行った世代です。

 

ところが。

私はそのどれもやってなかったんですよね、真面目ちゃんだったので。

ブログをやるには幼いですし、学校掲示板(ーー懐かしいですね、名前書かれていじめになったりするヤツです。中学生だったある朝ヤンキーが突然「ゆうかの悪口書いたの誰だよ!」と教室に怒鳴り込んで来たのを覚えています。) は存在は知っていたけど覗くことすらしませんでした。

mixiなんてものはもってのほかです。

ていうか未だにmixiがどんなものかよくわかりません。

 

ちなみにTwitterはじめたのは大学入学してから(一時期ツイ廃化する)で、Facebookに関しては4ヶ月前にアカウントを作ったもののアプリ削除しました。

 

羅列されたSNSだけでなんとなく私の人となりがバレてる気がしますね。

mixiFacebookが合わないツイ廃とか、光と闇だったら完全に闇側の人間です。

 

 

 

ではなぜこのタイミングでブログなのか。

 

それはニート生活を送っているからです。

 

 

まあまあ…唐突な理由なので説明させてください。

あまりに受動的な生活をしているとなにかしら自発的に動きたくなるんですね。主張したくなる。

行動力が微塵もない私がそれを発揮した結果がこれなんですよ。

Twitterもなんだかんだリア垢つくっちゃってるし、リアルを感じちゃうんですよ。

大学行ってなくて留年の危機とかいうリアルから目を逸らすために色々考えた媒体がブログ。

 

 

 

 

 

 

じゃあその行動力で大学行けよという声は聞こえないキコエナ〜イ